グルコサミンはどれぐらい摂取するとよいのでしょうか?


グルコサミンはどれぐらい摂取するとよいのでしょうか?

グルコサミンはどれぐらい摂取するとよいのでしょうか?

年齢の高まりに伴い、十分な量のグルコサミンが体内で作り出されなくなっていきます。そのため、サプリメントから必要量を補給しているという人がいまは多いのですが、過剰摂取をするのは良くありません。通常、健康補助食品や医薬品ではないため、副作用を引き起こす心配がないのですが、場合によっては胃痛や胸焼け、下痢の症状などを引き起こす可能性があるのです。
グルコサミンのサプリメントを過剰摂取してしまうことを防止するには、目安の摂取量を把握しておくことがたいせつです。1日あたりどのぐらい摂るのが適切なのかというのを知ると摂り過ぎを避けられますが、目安の摂取量は個々人の体の大きさによって差が生じるといわれています。
グルコサミンの1日あたりに必要な摂取量は、体重が30〜50キロの人の場合1,000〜1,200ミリグラム、50〜80キロの人の場合1,200〜1500ミリグラム、それ以上の場合は1,500〜2,000ミリグラムだといわれています。サプリメントを購入する際には、どれだけのグルコサミンを摂取することができるのかという点に注目すると、過剰摂取することなく使っていくことができるでしょう。
なお、若いうちからグルコサミンをサプリメントから摂取したほうがいいのかという疑問を持っている人がいますが、まだ十分な量が体内で作られていますし、下手に摂ると自分の体の中でグルコサミンを作る機能を低下させてしまいかねませんので、サプリメントの使用は好ましくありません。なお、摂取を始めるタイミングとしては、40代あたりからが適していると考えておくと良いでしょう。